ちょこっと情報網

テレビで紹介されたり、ネットで見つけた気になる商品やサービスを個人的主観で記事にしている、非常に守備範囲の狭い情報網です! 2018年に今更ながら仮想通貨に取り組んおりますが、社会人であります。。

【トレたま】危険を感知して自動でシェルターになるベッドは本当に大丈夫か!?

5月1日に放送された、ワールドビジネスサテライトトレたまで紹介されたのは、中国の外科医が開発している、地震を感知して、自動でシェルターになるベッドでした。

トレたまキャスターは谷口康輔アナウンサー

「落ちた先には安全が待っています」と紹介されていました。

地震を感知して揺れを感知すると、モーターでベッドが観音開きのように回転して、寝ている人がシェルターになっているベッドの下に落ちるという代物。

中国も地震で大変な被害を受けることがあったので、入院患者を地震から守りたいという気持ちから開発にいたったそうです。

鉄でできていて、ひっくり返った後の天板に大人が6人、コンクリートの板が落ちてきても大丈夫ではあるそうですが、土砂や水害、火事への対策はされていないようなので、本当に大丈夫か!?って印象はありました。

出入り口が天板にしかないから、コンクリや瓦礫が乗っていると逃げ道は? ってのも気になりましたし…。

問題点や改良点はいっぱいありそうな気はしましたが、寝ている時の突然の危険に対応するのってほぼ不可能。

地震での圧死、窒息死で多くの命が失われているのは事実なので、発想自体はいいんじゃないかと思いました。

 自動ではないけど、簡易式の日本のシェルターベッドの方が私だったら安心かなって思いました笑

ネットで見つけた気になる関連商品

備えあれば患いなし!頂点に輝く防災セット

災害のライフラインといえば、まずは水、そして食料。いざというときのために防災セットを常備している方もいると思いますが、これからという人には楽天で4冠を達成している防災セットの頂点に輝いた商品がオススメです。
防災セット内容
・水・アルファ米・野菜ジュース・モバイルバッテリー搭載多機能ラジオライト・選択パック・トイレセット・エアーマット
さらにバッグ自体が30リットルという大容量サイズなので、着替えやオムツ、常備薬といった自分に必要なものを入れておくことができます。