ちょこっと情報網

テレビで紹介されたり、ネットで見つけた気になる商品やサービスを個人的主観で記事にしている、非常に守備範囲の狭い情報網です! 2018年に今更ながら仮想通貨に取り組んおりますが、社会人であります。。

【トレたま】じゃがいも芽取り機で人手不足を解消!

f:id:yuwayuwach:20180619201251j:plain

6月12日に放送された、ワールドビジネスサテライトトレンドたまごで紹介されたのは、シンセメックが開発した、ジャガイモの芽を認識してドリルで取ってくれる機械「じゃがいも芽取り機」でした。

トレたまキャスターは北村まあさアナウンサー

加工業者などでジャガイモの芽は、通常は人の手で取っていて、多いところでは30人から40人の作業者が並んで芽取り作業をしているそうです。

そんな作業者の手の代わりとなるのが「じゃがいも芽取り機」です。

機械の便利さが人の仕事を奪ってしまうのもいかがなものか? って思いましたが、実際の現場では、この芽取り作業は人手が不足しているんですって。

それならこの「じゃがいも芽取り機」はすごく便利な機械だと思いましたし、取り入れる加工業者さんも多いんじゃないかと思いました。

一台で熟練の作業者3人分に相当する働き!

休憩も休日もいらない、ましてや24時間働けるうえに、熟練の作業者3人分の働きが期待できるとなれば、その効果は絶大ですよね。

「じゃがいも芽取り機」のお値段は一台4,000万円(予定)。2018年度中の発売を予定しています。

人件費や作業効率、作業時間を考えたら、数年で元を取れるんじゃないかと思いました。

 

■シンセメック株式会社
公式サイト