ちょこっと情報網

テレビで紹介されたり、ネットで見つけた気になる商品やサービスを個人的主観で記事にしている、非常に守備範囲の狭い情報網です! 2018年に今更ながら仮想通貨に取り組んおりますが、社会人であります。。

【トレたま】3DカメラHapimo:3Dは意外な場面で活躍が期待?

f:id:yuwayuwach:20180621115159j:plain

6月14日に放送された、ワールドビジネスサテライトトレンドたまごで紹介されたのは、ノアが開発したデジカメで撮った写真を瞬時に3D画像にする「Hapimo:3D(ハピモスリーディー)」でした。

トレたまキャスターは北村まあさアナウンサー

持ち歩ける3Dカメラとして紹介されていましたが、持ち歩くにはなかなかのサイズ。
ま、正直持ち歩けるっちゃ持ち歩けるけど…って感じです。

A4サイズくらいで、厚さが10センチ以上ある箱くらいの大きさですしね。

肝心のカメラ機能ですが、赤外線を照射することで物体との距離を測り、3D撮影を可能にしているとのこと。

実際撮った写真データは回転して見ることができます。

カメラから見えていない部分は表現される?
カメラから見えている部分は確かに3Dで表現されていますが、見えていない部分は、当たり前ですが表現されません。

例えば手をカメラに向かって出して写真を撮れば、画像を回転した時に、カメラからは見えない部分、つまり腕の部分は表示されません。

意外にも畜産農家での活躍が期待?
どんな場面で活躍するかというと? 撮った写真の正確な長さや高さが測れるので、意外にも畜産での活躍が期待されています。

豚や牛は体重計にのせるのが困難なのですが、「Hapimo:3D(ハピモスリーディー)」で形を撮ることで、体重を推定することができるそうです。

これにより、動物にストレスがかからなくなるので、お肉が美味しくなるという効果もあるんですって♪

「Hapimo:3D(ハピモスリーディー)」のお値段は29万7,000円で現在発売中です。

株式会社ノア
公式サイト

 

ネットで見つけた気になる関連商品

個人で3D映像を手軽に楽しみたい方に!!
今回のトレたまは高価すぎるしもっと手軽に3Dを楽しみたい! そんな方には臨場感ある立体映像をパパっと撮影できる「WEEVIEW SID 3D Camera」なんていかがでしょ?
2つの視点から撮影した映像で、臨場感と立体感を楽しめますよ。
撮影された映像はサイド・バイ・サイド方式で保存され、無線LAN経由でスマートフォンにデータを保存できます。
保存した映像は、スマートフォン用のVRゴーグルなどと組み合わせ、立体映像として鑑賞できますよ♪
個人でお安く3D映像を楽しみたい!という方にオススメです。